布石を打つ

今日、初めて知ったんだが、「布石を打つ」というのは、囲碁の用語からきているということ。

今いちばん尊敬している、すごい人と、今日、色々と話す機会があり、先を見通していない自分のぬるさが分かり、そして、今後の展望がスパーンと開けた!

いや、先を見通して、がんがん行動している人は、本当にすごい!自分が行動出来ている人はいいけど、そうでなければ、そういう人を見つけて、まずはその人に接しましょう!そうすると、その人のとてつもないパワーに影響されて、自分も行動しなければならない、いや、行動したい!と自然と思えてくるようになる。

で、囲碁の話しだが、その人が最近、囲碁を始められて、めちゃめちゃおもしろいと教えてくれた。普段使っている言葉で、「布石を打つ」「一目置く」「駄目」「結局」などは、囲碁の用語からきていて、先を読んだり、戦略を考えるのには、囲碁をするのが良いトレーニングになると。

そして、今まで囲碁を一切やったことがなかったけど、大まかなルールを教えてもらって、少しやってみた。

全く囲碁の知識がないので、どうやって打てばいいのか分からなかったが、このゲームはまちがいなく面白く、そして頭をめちゃめちゃ使うというのが分かった。少ししか出来てないけど、脳みそを使っているのを実感できた。

これから囲碁を始めます!

(これ足しとこ!)

囲碁で戦略的思考を足しとこ!

これを買って、囲碁を始める!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする