Excel スピル

Excel2019とOffice365にスピルという機能があるというのを知らなかった。。

スピルは、簡単にいうと、何も記入をしていないセルにも反映されるもの。

上の例でいうと、各セルを10倍にしたい場合、
D1のセルに「=A1:B3*10」と記入するだけで、他のセルにも反映されます。

スピルとは「こぼれる、あふれる」という意味で、まさしく他のセルにこぼれている状態です。結構、便利な機能かも。

(これ足しとこ!)

スピルを足しとこ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする